【注意】間違った●●では売上は上がりません

2017.11.23

【注意】間違った●●では売上は上がりません はコメントを受け付けていません。

こんにちは。

勝ち組治療家養成・個別指導塾
塾長の早野です。

 

このメルマガを書いているとき、
実はまだ台湾におります。

 

ちょっと気分が良いので、
世界四大博物館といわれる
広大な敷地内からお届けします。

 

今回はボクの
経営コンサルの仕事と
治療家の仕事について
掘り下げてみたいと思い、

『ボクもあなたも同じ仕事』

というテーマで
お伝えしていきます。

 
動画はこちらから
 ↓↓↓

================
 経営コンサルに対する疑問
================

 

先日、いただきましたメールに
以下のような内容が
書かれていました。

「早野先生にお願いをしたら、
 私ができないことを
 やってくれるのですか?」

「ホームページやチラシなどの
 文章が全く書けないのですが、
 代わりにやってくれるのですか?」

うむむ…。

この方は経営コンサルと
作業における代行屋を
勘違いしていらっしゃるようです。

 

経営コンサルの仕事は
代行屋ではありません。

 

経営コンサルの仕事は
現在の経営状態から
問題点を見つけ出し、
改善策を作ることです。

 

治療院の状態(数字)を見て、
過去の事例と照らし合わせ
結果を出すための
最適な戦略を作り込む!

こういったことをしています。

 

まぁ、いうなれば、
新築の家を建てるとき、
最初に完成図や設計図を
作りますよね。

 

いきなり、基礎工事をしたり
柱を立てるような大工仕事は
しないと思います。

 

何を、どの順番で、
どのように組み立てるか?

これを考えて提案しています。

 

なので、大工ではなく、
設計士といえるのかもしれません。

※もちろん、やろうと思えば
 大工仕事もできます

 

================
 改善できる場合、できない場合
================

 

あなたが、

「先生の仕事は何ですか?」

と聞かれたら、

「患者さんを治すこと」

とお答えになると思います。

つまり、
現在のカラダの状態を問診・検査し
適切な施術をして改善することです。

 

同じようにボクが

「経営コンサルの仕事は何ですか?」

と聞かれたら、

「治療院の売上を上げること」

「現在の治療院の状態をヒアリングし
 適切なアドバイスをして
 改善すること」

このような回答になります。

 

しかし、

「どんな経営状態の院でも
 絶対に改善できるのか?」

というとそんなことはありません。

 

経営改善は
魔法ではありませんので、

「借金を抱えて、
 明日にでも支払わないと
 もう廃業なんです!」

と言われても
ボクはどうすることもできません。

 

ここまで状態が悪化していると
手遅れだということが分かります。

 

病院と同じように、
手遅れの状態で来られても、
どうにもならないものは
どうすることもできません。

 

先生の治療院に来られる
患者さんでも同じことがいえます。

 

これまで時間をかけて
悪くなったもの(悪くしたもの)を
一瞬で正常な状態に戻すことは
不可能に近いのです。

 

================
 押し迫った人は全否定します
================

 

それでも、何とかしてくれ!
といった方は必ずいらっしゃいます。

そのときに時間をかけて
のんびりと改善している場合では
ありませんので、緊急で対処します。

 

今できる範囲の中で全力で向き合い、
正常な状態になるように、
できうることを全て考えます。

 

そして、その先生の常識や
当たり前だと考えていることを
全否定させていただきます。

そのやり方、その考え方のせいで、
その結果を引き起こしているので、
その価値観を排除しなければ
改善することができないのです。

 

上手くいっていないのに
自分のやり方に固執する
プライドが高い人は結果が出ません。

 

間違った行動は、
間違った知識や選択から
生まれます。

これを認めない限り、
売上は上がっていきません!

 

患者さんが間違った知識から
間違った選択をし、間違った行動で
身体を壊しているのと同じなのです。

これが分かるようになると
治療家と経営者では優先順位が
違うことが理解できます。

 

言っていること、
お分かりになりますか?

 

====================

 

さて、今回のメルマガでは
『ボクもあなたも同じ仕事』
というテーマでお伝えしました。

 

何かを改善するということは
その原因となる考え方を修正し、
行動を変えなければなりません。

 

患者さんに対する治療と
経営状態に対する施策の考え方は
同じなのです。

 

経営状態を
良好なものに変えたいと
願うのであるなら、

経営者として”正しい知識”を
身につけましょう!

 

では、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

講義終了!

 

塾長・早野
 

追伸

【11/28(火)までの限定募集】

181名の157名の塾生の方々が
たった半年で授業料を回収した
治療家向けの経営塾を
受講したい先生は他にいませんか?

 

塾長を務める私早野が、
経営をイチから叩き込むので
売上が強制的にアップします。

「今まで生活から脱却し、
 2018年は飛躍の年にしたい」

そう本気でお思いの先生は
ぜひ入塾なさってください。

>>詳しくはこちらをクリック

関連記事

執筆者について

早野隼翔

最短ひと月で月商50万を達成させる 勝ち組治療家養成 個別指導塾 塾長